廃車前のスクーターでも高く売れるんです!

スクーターの廃車に費用をかけるのはもったいないです!

 

 

なぜなら、廃車のようなスクーターでも、

  • 利用できる部品をリサイクルし再販したり、
  • 事故車でもレストアして店頭で販売出来たりと

それだけ需要があるからなんです。

 

 

 

実際の査定では、最低でも『無料で引き取ってもらえれば十分』と思っていたところ、不動車の放置車両なのに13,000円で売れたなんてこともあるんですよ。

 

 

特に、小回りの利くスクーターは若い世代に人気があるので、高い価値が出る車種も豊富なんです。

 

さらに、スクーターは海外でも人気があるので、まとめて買取し海外輸出まで行う企業もあるぐらいなんです。

 

 

だけど、一社ずつどこが高く売れるのか調べていくのはとっても大変ですね。

 

こんな時こそ活用すべきサービスが全国対応の無料査定サービスです。

 

 

全国対応の大企業なら販促ルートも多く取り扱い車種も多いので、高価値を付けてくれる可能性が大きいです。

 

お金を払ってまで処分してしまう前に、高額査定を付けてくれる企業を見つけるために一度お役立てください!

 

全国対応のバイク無料査定サービスはこちら!

 

バイクワン

バイクワンの公式トップ

事故車や不動車の買取も可能なバイクワンは、オンラインで査定額が一瞬で分かります。

 

車種を入力すれば、

  • 上限買取価格
  • 平均買取価格

がウェブ上で表示されます。

 

買取が出来ない場合は、買取不可と表示されるため分かりやすいサービスです。

 

金額が合えばそのまま全国無料で出張査定を依頼する事も出来ます。

 

チェックオンラインで買取価格がかんたんに分かる!
バイクワンで査定してみる⇒⇒

 

もしも、バイクワンで買取不可と表示された場合には、下記のバイクブロスをお試しください。

 

バイクブロス

バイクブロスの公式トップ

バイクブロスは廃車の買取にも強い企業が多く参加しており、各社に競い合ってもらうことで高額査定が見えてきます。

 

ご自身で査定を依頼したい業者を選べますので、知らない企業から連絡が来ることはありません。

 

相場を知るため、高い金額で売るためにはやはり一括査定サービスの利用を検討ください。

 

チェック廃車でも最大8社まで比較が出来る!
バイクブロスはこちら⇒⇒

 

 

 

バイク王

バイク王の公式トップ

バイク王は、買い取り実績がNo.1だけあって、どの企業よりも高額査定が付きやすい特徴があります。

 

流通コストを削減したり、自社オークションなどの販売網が多い分、利益を上げてお客様に還元できるのがバイク王の強みです。

 

もちろん廃車前の不動車や事故車でも、査定は無料です。

 

チェック無料のお試し査定が、かんたんでお勧めです!
バイク王の無料査定⇒⇒

 

バイク王ホームページ掲載のリユース料とはリサイクル処理代です。処分の依頼をしなければ費用は一切かかりません。

 

 

全てのサービスは、何度使っても完全無料です。
処分してしまう前にどの企業なら買い取れるかを調べるためにお役立てください。

スクーターを自分で廃車にする方法は?

処分料がかかる、または引取り手数料がかかると言われた場合のために、スクーターの廃車手続き方法についても確認しておきましょう。

 

スクーターを廃車にする場合には、

  • 永久抹消(解体して処分する場合の手続き)
  • 一時抹消(一旦廃車登録し、今後再度乗る予定がある場合の手続き)

の2通りがありますが、手続き方法は同じです。

ヒント違う点は、

  • 永久抹消なら、バイクを指定事業者に解体してもらわなければならない点、
  • 一時抹消なら、再登録時に廃車証明書の提出が必要になる

という点だけです。

 

このポイントを踏まえて、廃車手続きの流れを見ていきましょう。

 

廃車手続きの流れ

スクーターの廃車手続きは簡単3ステップです。

  1. 区市役所で廃車届けを出す。
  2. スクーターを指定事業者に引き渡し&解体依頼をする
    (処分する場合のみ)
  3. 自賠責保険を解約する

の流れになります。

 

1、区・市役所で廃車届を出す

スクーターの廃車手続きは、最初に廃車届けを出すことから始めます。

 

手続きを行う場所

 

ヒント排気量が125t以下のスクーターは、ナンバーを登録した区・市役所で手続きを行います。
(例:八王子市ナンバーなら八王子市役所です。)

 

ナンバープレート

 

参考自治体の場所が分からない場合は、全国自治体マップ検索
(お住いのエリアをクリックしていけば、手続きを行う自治体が分かります。)

 

必要な書類の確認
  • ナンバープレート※1
  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 標識交付証明書※2

標識交付証明書
ヒント※1、ナンバーに貼ってある自賠責保険証のステッカーを外してください。

 

自賠責保険ステッカー(保険標章)
こんなステッカーが、後述する自賠責保険の解約時に提出が必要です。

 

 

ヒント※2、標識交付証明書の紛失時でも、廃車手続きは行えます。
ただし、『車台番号』を次の廃車申告書に記載が必須な自治体もあるため、紛失時は事前に各自治体までお尋ねください。

 

役所で廃車申告書を入手し提出

 

廃車申告書(軽自動車税廃車申告書兼標識返納書)は、

  • 廃車登録時
  • 引越し時
  • 譲渡・売却など名義変更時

には必ず提出する必要があります。

 

(廃車申告書の書き方)
廃車申告書の記載例
引用:書式・記載例共に東京都八王子市役所より
赤枠の

  1. 所有者の氏名・住所と所有者印で捺印
  2. ナンバープレートの番号

を記載して提出します。

 

廃車申告受付書

 

ヒント廃車申告書を提出すると、廃車申告受付書という証明書を発行してもらえます。

 

廃車申告受付書

 

これは、廃車証明書になり、

  • 再登録時
  • バイクの処分時
  • 自賠責保険の解約時

に提出が必要になる書類のため大切に保管して下さい。

 

 

2、スクーターの引き取り&解体業者探し

 

スクーターを処分する場合は必ず廃棄物リサイクル業の認可を受けた指定事業者に依頼しなければいけません。

 

ヒント指定事業者は自治体のホームページでも掲載されていますが、最寄りの店舗を調べるなら、こちらのページで検索して下さい。
自動車リサイクル指定引取場所一覧
(お住いのエリアから検索できます。全国約180か所)

 

指定事業者にスクーターを直接、運搬できる場合は、費用は一切かかりません。
(バイクのリサイクル料金は無料です。2020年現在)

 

 

ヒントもし、指定事業者の所在地まで距離がある場合は、廃棄二輪車取扱店に依頼しましょう。
廃棄二輪車取扱店名簿
(全国約5500か所。収集・運搬費用が別途かかります。)

 

  • 指定事業者まで直接、自分で運ぶ:無料
  • 廃棄二輪車取扱店まで運ぶ:有料(取扱店が指定事業者まで運ぶ運賃が必要)
  • 廃棄二輪車取扱店に収集してもらう:有料(収集費用と指定事業者まで運ぶ運賃が必要)

 

処分時に必要なもの
  1. バイク本体
  2. 身分証明書
  3. 上記で取得した廃車申告受付書

以上3点を持っていかないとバイクの処分は受け付けてもらえません。

 

3、自賠責保険の解約をする

 

ヒント原付バイクでも、自賠責保険に加入していますので、解約すれば還付金(解約返戻金(カイヤクヘンレイキン))が戻ってきます。

 

解約返戻金の金額

解約返戻金は、残っている契約期間の月数によって異なります。

 

原付バイク(125t以下)の返戻金
残り月数 24か月契約 12か月契約
保険料 8,950 7,060
契約始期前の解約 3,820 1,930
23か月 3,660
22か月 3,490
21か月 3,330
20か月 3,170
19か月 3,010
18か月 2,850
17か月 2,690
16か月 2,530
15か月 2,370
14か月 2,210
13か月 2,050
12か月 1,890
11か月 1,730 1,770
10か月 1,580 1,600
9か月 1,420 1,440
8か月 1,260 1,280
7か月 1,100 1,120
6か月 950 960
5か月 790 800
4か月 630 640
3か月 470 480
2か月 320 320
1か月 160 160

令和2年4月以降の自賠責保険料

 

ヒントたとえば、自賠責保険の解約をした日から、残り月数が10か月ある場合は、

  • 24か月契約の場合なら、1,580円
  • 12か月契約の場合なら、1,600円

が返戻金となります。

 

参考24か月以上の契約または、令和2年4月以前の契約の場合は、損保ジャパンのウェブサイトを参照して下さい。
(各契約ごとの返戻金が分かりやすくPDFで閲覧できます。)

 

ヒントまた、どの保険会社で加入しても自賠責保険料は同じのため、返戻金も同額となります。

 

解約方法

自賠責保険証に記載されている保険会社の営業店で解約します。(郵送も対応可ですが、問い合わせ必須。また、代理店では行えません。)

 

必要なもの
  • 自賠責保険証
  • 契約者の印鑑
  • 廃車手続き後に発行された廃車申告受付書
  • 振込先の銀行口座
  • ナンバープレートから外したステッカー

(自賠責保険のステッカー)
自賠責保険ステッカー(保険標章)

 

自賠責保険の解約を忘れ、還付金をもらわない方も多く非常にもったいないです。
バイクを処分したのであれば、もう必要はないので必ず解約するようにしましょう!